| TOP | レーシックを知ったきっかけ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

まずは基礎知識

 レーシックの種類


ケラムートレーシック

レーシックの基本の屈折矯正手術で、マイクロケラトームでフラップを作り、角膜にレーザーを照射して 視力を回復させます。

治療には、痛みが無く視力の回復が早いのが特徴です。


イントラレーシック

最近もっとも多いのがイントラレーシックです。

近視、乱視が重い方、角膜が薄い方でもレーシックを可能にしたのが、この治療です。

コンピュータ制御によってフラップの厚さを自由に作成できます。

一般的なレーシックのマイクロケラトームと違いコンピューター制御によって行われるため より手術の精度・安全性が高い手術です。


ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントアナライザーという検査機を使ったレーシックの方法で、これまで不可能だった 小さなゆがみを解析し、誘導装置がついたスポット照射のできるエキシマレーザーにより角膜を補正します。

私が受けた手術はこのウエーブフロントレーシックでした。


レーゼック

マイクロケラトームを用いずフラップを作成し、エキシマレーザーを角膜中央部に照射して屈折度合いを 調節する治療。

フラップを戻した後は、治療用コンタクトレンズを装着します。

執刀には医師の熟練した手技が必要になります。


エピレーシック

エピレーシックは、「エピケラトーム」というという機材により、通常のレーシックにおける

フラップの厚さを半分にした手術方法です。

角膜が薄い方やハードなスポーツをする方に向いていて、通常のレーシックが困難な方にも受けていただくことができます。


PRK

エキシマレーザーを角膜中央部に照射して屈折度合いを調節する治療で、フラップを作らないという意味においてはレーシックに分類されないこともあります。

| まずは基礎知識 | - |
| comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
当通販店はレーザーポインターと自動車診断機器OBD2をご提案しております。このような商品をお求めいただけるお客様に様々な商品をご紹介します。
Laserpointshop.com/販売サイトは高機能で品種豊富のレッド、グリーン、ブルーレーザーポインターとOBD2を揃っております。
レーザーポインターは三種類光(緑、赤、紫)があり、出力は1mwから700mwまでの集めています。携帯に便利なペンタイプ、防水機能付きタイプ、LEDライト付きタイプ、そしてPPTプレゼンテーションのタイプなど、種類豊富です。
OBD2の種類もたくさん揃っています。Obd2コードリーダー/スキャナー、ECU人気の車用品が大集合。
| 赤色レーザーポインター | 2013/11/18 12:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pupildiary.jugem.jp/trackback/1
トラックバック